LINK

普通の初心者向けの外国為替証拠金取引のテキストでは「マイナスになった時にはナンピン買いをして、ポジション全体の買い付け価格をコントロールする事が出来る」などとアドバイスしていたりしますが実際はそれにはかなりの落とし穴があると考えます。ビフィーナ

まずはじめに、ナンピンのやり方に関してごく簡単に述べます。勉強机 シンプル

たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。富士薬品 青汁

$買いですのでドル高に推移するほど儲けが大きくなるわけですが運悪く1ドル=95円まで円高・ドル安が進んでしまったとします。http://www.zapyourcreditcarddebt.com/

その状態で所有し続けたら、プラスになるためには5円分、円安に進む必要があります。ジムニー 中古車 注意点

みんな、損失は早めに取り戻したい思うでしょう。ナースバンク 新発田市

これを解決するためはじめに注文したのと同額の$を95円でエントリーします。REVY レヴィ カラコン

それによって、ポジションの平均の単価は1ドル=97.50円まで引き下げることができます。ワキガ デオドラント おすすめ

この結果、半分の幅で円安に推移すれば赤字を回復できます。auスマホの機種変更キャンペーンや料金は、mykddiホームページお客様サポートstarへ

それが、ナンピン買いの理屈です。

このように、ナンピンの原理を理解すると「まちがいない」と考えたりするがそう簡単には問屋を卸してくれない。

1ドル95円が底だということなど誰にも分かるはずがありません。

例として、市場がかなりの円高基調だとしたら、1ドル=95円では下げ止まることなくより一層円高ドル安が進む危険性がある。

例として、97円50銭でナンピン買いをして、1ドル95円までドル安が速んだらナンピン買いを入れた分についても損が生まれてしまいます。

その状態では、初めにエントリーしたドルと合わさって、更なる為替差損が生まれる事になります。

それほど、ナンピンは難解です。

ならば、外国為替市場が自分自身のシナリオとは逆に進んだ場合どんな方法でリスクを軽減すればいいのだろうか。

こういう時には選べる選択肢は限られています。

まずひとつめはあきらめて、損を確定する事です。

もうひとりは自分自身が持っているポジションを縮小することによって為替がリカバリするのを大人しく待ち望むことです。

少し控えめな方法だとおっしゃる人もいるでしょう。

けれども、所有しているポジションに損失が出た場合、最も正しい手法はこれよりいいものは期待できない。

理論としては、ナンピンという考え方もあると思います。

だがしかしナンピン買いは、あなた自身が損失を披っているにもかかわらず、ポジションを縮小するどころか、反対にポジションを買い増していく手段です。

この方法では、危機を削減することなど、可能ではないと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いをし続ければやがては損を取り返せるかもしれません。

だが、そうなる前に資金がマイナスになってしまいます。