外国為替証拠金取引(FX)のパターンには取引所取引という取引があります。QuSomeホワイトエッセンス

普通のFX(外国為替証拠金取引)業者とトレードを実施することを「店頭取引」と言うのですがこの取引においては取引所を通過させないで商売の対象は外国為替証拠金取引(FX)会社になるのです。79-2-51

「取引所取引」という取引所は外国為替証拠金取引(FX)企業はあくまで橋渡しあり直接の売買ペアは取引所を意味する事になります。79-9-51

この相違をただ今いくらか比較していきましょう。79-6-51

まず「店頭取引」のケースは預け入れている資金はFX(外国為替証拠金取引)企業に管制されています。79-20-51

片や「取引所取引」の場面、このお金は総額取引所にデポジットしなければいけないと決められているのです。79-4-51

外為業者が破綻するというような話があったとしても、後者は、取引所によって証拠金が全姿金防護してもらえることになっています。79-8-51

前者の時は外為(FX)企業が調節しているため、状況によっては業者倒産のしわ寄せををこうむり預けていたお金は防衛されないです。79-5-51

重ねて税金を考慮しても両者に関しては条項に違いがございます。79-16-51

「店頭取引」では、為替差益やスワップポイントなどを雑所得として報酬と加算して報告をしないとなりません。79-3-51

ものの確定申告せず良い場合もありますので我に当てはまるか当てはまらないかよく検証していただきたいです。

もしかしてあなたが会社員で年俸二千万円以下、給与所得を除いた儲けが20万円以下(複数の事業者から給与所得がないこと)といった取り決めを守っていれば特別として確定申告は必要ありません。

FXの利益が二十万円以上際は確定申告するようにして下さい。

税金の度合いは利益に従い5%〜40%の六段階に組み分けされており手取りが高ければ高いほど税も高騰します。

「取引所取引」については、収益があるのであれば他の収益とは別件として「申告分離課税」の的になってしまうのです。

税金の率は一律20%となりますが、もしマイナスが決まったなら「取引所取引」の利益として損金分を翌年以降に先延ばしするということができます。

上記のように、「取引所取引」の方が価格が少ない税率になる場合もありますのでふまえて検討していった方が良いと思います。

中でも未経験者のケースは、ジャスダック株価の動きや円高に日ごと気配りし、もうけや赤字にひやひやする事により、税金においての事態を忘れ易くなることもありますので、気をつけましょう。

マイナス分は困ってしまいますが、実入りが増えれば税金も金額が高くなるので注意とわきまえる事が重要ですね。