LINK
10年以上前に少しだけやっていたシャドーボックス。 好きなポストカードなどの絵を部分的に切り重ねていって立体的に仕上げる工芸です。 当時、私の周りで流行っていて、私も2年ほどお教室に通っていました。 なんやかんやで忙しくなり、続けられなくなったんですが 楽しかった思いが残っていたので、このたび再開を決意しました。 近所にあるお教室をたずねると快くOKを頂きました。 そして一回目のレッスンの日、 要領はわかっていたのですが、絵をカットするためのカッターを持つ手に 力が入ります。絵が細かいので目が見えないので老眼鏡を。 緊張しながら作業をすすめていきました。 けれど、ある程度慣れてくると楽しさや幸せな気持ちで満たされている自分に気づきました。 自分の好きな絵(今回はフランスのポストカード)を立体的にアレンジして額に入れ、 自分の家に飾れるってうれしすぎます。 組み立てる順序を考えたり、手先を使って切ったりボンドで貼ったりするので 頭のいい運動にもなります。作業している間、無心になれるのもいい。 これは一生続けていきたいと改めて思っています。