LINK
日本では近年バイク離れが加速度的に進んできているといわれています。その理由はいくつか考えられますが、最も大きなものとしては、若者がバイクに対して抱いていたかつてのようなあこがれが消えていっているということなのかもしれません。バイクと同じように、若者は車に対する興味も失ってきているようですが、それには経済的な事情も深くかかわっているように感じられます。フリーターという言葉が市民権を得てから久しいわけですが、そのように経済的に安定しない生活を送る若者が増えてきているような状況の中では、バイクにしろ車にしろ、そのようにおカネのかかる趣味に没頭することは非常に難しくなってきているのかもしれません。特に都会においては、アパートやマンションで暮らしていると、バイクや車を置く場所を見つけるのも簡単ではないようなケースも多いのです。そのようにいくつもの条件が重なって、ますますバイクの人気は低下していくことになるのかもしれません。